事例のご紹介① エアコンアンカーからのハンモック設置

 

@武蔵野市社宅の賃貸住宅

賃貸住宅の中には時々びっくりするくらい引っかけに強い部分があります。その1つがアンカーです。アンカーの1つ1つは設置場所の老朽化や施工者の技術や道具によって異なります。エアコンアンカーは決して強いとは言えないのですが、アンカーの状態と引っ掛ける角度を工夫すればハンモックを体験できるようになります。アンカー4つをロープで束ねて荷重分散することでより安全性を増しました。また、お子さんが見ていないうちに遊ばれて事故にならないようにワンタッチで高さを上げられるようにしました。木の布ハンモックに包まれて、家族揃って幸せなひとときを過ごしているようです。

事例のご紹介② リビング真ん中にハンモック&アスレチック

@神奈川県鎌倉市戸建て

リビングの真ん中にハンモックを吊るせる機材を設置しました。懸垂やアスレチックのように使ったり、ハンモックでくつろいだりしているそうです。また、雨の日は洗濯物を干すものとして大活躍!何でも吊るせるリビングいいですよね。

事例のご紹介③ 猫が乗らないように

 

@東京都調布市猫ちゃんがいっぱい戸建て

紐の揺れは猫の心を揺さぶる最高のアイテムになります。編み目状のハンモックの弱点は一本の紐に大きな負担をかけること。例えばボタンやチャックを引っ掛けること、紐が切れたり伸びたりする主な原因です。ハンモックは編み目のタイプが好きだけど、うちは猫が多くて。。。そんな悩みも解決できます。ハンモックを束ねて高いところに収納できるようにすればよいです。万が一猫が爪を引っ掛けても切れない丈夫な紐もお作りできます。猫ちゃんをお腹に乗せてスヤスヤと一緒に眠る。そんな素敵な絵も可能です。

事例のご紹介④ 都心部でも虹のある生活

@東京都清澄白河ワンルーム

ハンモックを吊るすスペースがない。でも週末くらいは家でゆっくりしたい。そんなビジネスマンの家にもハンモックは設置できます。写真でもわかる通り寝床の上です。ハンモックがあることで友達が泊まりにくるようになることも多いようです。

事例のご紹介⑤ 二人で向き合えるリビングのハンモック

@東京都足立区クリエイティブなご夫婦の3階戸建の2階リビングに設置

仲のよいご夫婦はハンモックで二人の時間を大切に過ごしたい。そんな素敵なお二人にオススメなのは、バランスバーを使い、お互い向き合える状態に設置しました。バランスバーは1点吊りのため、バランスをとるのが難しいのですが、逆に不安定感が楽しいです。お互い揺らしあって楽しんだり、自分のバランスを確かめたり、足を地面につけば安定してティータイムを楽しめたりします。


設置の流れのご紹介

賃貸の家にハンモックを設置する場合の流れの一例をご紹介します。家の状況やライフスタイルによってもハンモックの設置は変わってきますので、あくまで一例として参考にしていただければと思います。


1.下記お問い合わせフォームより本文に、住所、電話番号、利用用途をご入力の上、[送信]ボタンを押して下さい。

2.担当者よりお返事(2.3日以内に返事がない場合はお手数ですが再度ご送信下さい)

3.家の設置場所の写真や構造の種類(木造、鉄骨、コンクリ)の確認、間取りの確認

4.ご提案及びスケジュール確認調整

5.施工当日、部屋の確認、再提案、施工実施、ハンモックが家の一員になります☆


お問い合わせフォーム

賃貸向けの設置の専用フォームになります。お気軽にご相談ください。


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
件名
メッセージ本文

※確認画面なしで送信されますので、ご注意ください。